仕事や人生にプラス!社会人の資格取得で必要なことって?

社会人の資格取得は「焦らず地道に続けること」がキーワード

忙しい中で資格を取りたい理由を考えてみる

現時点で資格を取りたいと思う理由を挙げてみてください。
長年何かの資格を取りたいと考えていた人や仕事上必要な資格があるとか、就職に有利になるとか、興味や趣味として知っている知識をより深めたいなど人それぞれだと思います。
専門の資格がないとできない仕事があれば、実力がものをいう職業もあります。
資格は専門知識があるという証明書になります。
自分の自信につながります。
資格保有者ということで信頼のきっかけをつかむ材料になります。
就職、転職に子育てが一段落して仕事復帰のために、資格があるとスムーズに話が進むこともあるでしょう。
勉強のための時間や費用はかかりますが、得られるものが大きい資格。
短期間で取れるもの、数年の実績を伴う資格があります。
どうしてその資格を取りたいのか?じっくり考えてみてください。

国家と民間と公的資格はどう違うの?

国家資格は国が定めた法律に基づいて知識や技術が基準を満たすものに認めている資格で、民間資格は民間企業や団体が独自に基準を定め認めている資格です。
公的資格は、法律による規制がなく行政機関などが試験を行っています。
実績や経験を伴う資格が多く、食品衛生関係、介護関係などスキルアップや就職、転職の際に活用が期待できます。
民間資格については、芸能人が資格を取得したことがニュースになり資格ブームの火付け役となりました。
法律の規制がなく、生活に密着しバラエティに富んだ資格があるのが特長です。
趣味や興味の延長で取得できるソムリエなどの資格が多く日常生活に役立つものが揃っています。
資格取得のためにかかる時間は、内容によって数ヶ月のものから数年間実績を積み受験資格が与えられるものまでさまざまです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る